不動産屋へ行く前に
   
仲介手数料


    「お隣は払わなかった人、うちは払った人」...とならないために


 土地や建物の購入というのは、一般の方は度々経験するものでないことから、思わぬ失敗をしてしまいがちです。ここでは、私が素人なりに感じた失敗しそうなことやこうしたら失敗しないだろうと思ったことを書いてみたいと思います。素人で業界にしがらみがないからこそ書けることもあるかもしれません。

 さて、いよいよ住宅新築のための土地を探そう、あるいは、建売住宅を購入しようとするとき、皆さんはどういう方法をとるでしょうか。

 今は、REネットやタウンズ、南日本新聞にまで土地・建物情報が載るようになって、消費者にとっては有り難い限りです。この中から「売り主」と書いてあるものだけ選んで検討していけば、問題はありませんが、そればかりに限定はできませんから、不動産業者(=宅建業者)に案内してもらうことになるでしょう。
 *宅建業者=宅地建物取引業者(=不動産屋です。)

 そこで、支払う必要のない費用を払わざるを得ない状況が発生するかもしれません。1番危険なのが、不動産業者へ支払う仲介手数料です。

 400万円超の売買では、取引代金×3%+6万円が手数料ですから、1500万円の土地で51万円、2,800万円の建売で90万円の手数料です。
 これが、売り主が個人ならやむを得ない支出ですが、売り主が宅建業者である場合、売り主と直接交渉すれば、支払う必要のないお金です。にもかかわらず、仲介業者を通したばかりに支払っている方が多いのです。

 次は、私が実際に経験した例で、土地を求めて不動産業者に案内してもらった時の話です。いくつか物件を案内してもらい、次の土地に着いてみると、「かまつき商事」さんの登り旗が立っています。
 まだ造成したばかりの土地で、私も知らない土地でしたが、宅建業者である「かまつき商事」さんの物件なら「かまつき商事」さんに聞けば、「仲介」はあり得なかった訳です。
 知らなかった土地を不動産業者に案内してもらえば、「いや、ここなら自分で調べるんだった。」と言ってみても後の祭りです。あるいは、その不動産業者に無断で売り主さんと交渉しても、売り主さんもトラブルは避けたいですから、ちゃんと話をつけてからにしてくださいとなるでしょう。

 案内してもらう前に,はっきり「売り主が宅建業者さんの物件は自分で調べますから」とか、「希望の建築業者があるから建築条件付きの土地は避けてください。」と断っておくべきでしょう。
 (なお、売り主が個人の場合、売り主を調べて直接交渉し、契約したとしても、不動産業者の権利を保護する規定がありますので参考までに付け加えます。)

 もう一つの事例です。私が完成した建売物件を見に行くと、不動産業者に案内されて家族連れがやってきます。この人たちはこの物件が気に入って、購入するとなると90万円前後の仲介手数料を支払うことになるわけです。建売業者の多くは「宅建業」の免許を持っていますから、何も不動産業者を通す必要はないのです。にもかかわらず、実際、同じ造成地の中で、仲介手数料を払って買った人と払わずに買った人がいるということがよくあります。

 情報誌を見る時に、新築物件で「仲介」となっているものは、どこが施工しているんだろうと興味を持っていれば、同じ物件が「売り主」で出ていたり、「仲介」で出ていることに気がつくことがあります。
 また、あまり情報誌に載せない建売業者が完成(構造)見学会チラシを出すこととがあります。そのチラシを見て行けば、仲介手数料は支払わずにすむわけです。一番いいのは、自分が希望する地域を普段からよく見ることです。そうすれば、建築現場には必ず施工業者の登り旗が立っていますから、その業者があまり情報誌に載せない宅建業者だとしても、無駄な仲介手数料は支払わずにすみます。

  また、いろいろ考えていることを書きたいと思います。次回へつづく....

【折り込みチラシで見分ける買っていい家わるい家。】

HP「住まいの水先案内人」を運営する堀清孝氏の著書
宅地購入,住宅の新築・購入の前に最低限この1冊は読んでください。           kokko